コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸褄 エドヅマ

5件 の用語解説(江戸褄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えど‐づま【江戸×褄】

女性の長着の裾模様。地色は黒または色無地にし定紋を置き、衽(おくみ)から前身頃(まえみごろ)にかけて、斜めに模様を染め出し、金銀の刺繍(ししゅう)や箔(はく)で飾ったもの。礼服に用いる。江戸褄模様。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

江戸褄【えどづま】

女物紋付の模様のおき方。総模様,裾(すそ)模様に対し,着物の上前衿(えり)下あたりから前身ごろまたは後裾の部分にかけて斜めに模様をおいたもの。現在は江戸褄模様も裾模様もともに留袖となり,礼装として用いる。
→関連項目裾模様

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えどづま【江戸褄】

和服の両褄の先に左右対称につける柄模様。また江戸褄模様紋付の長着の略。江戸大奥の女性が着用したところから,この名がついたという。黒ちりめん定紋付の江戸褄が既婚女性の式服として民間に広まったのは文化・文政(1804‐30)のころで,第2次大戦前まで黒五つ紋付江戸褄模様の長着は既婚女性,色江戸褄は丸帯とあわせて未婚女性の礼装であった。古式は,表着(うわぎ)と同じ模様を染めたものを中着として,白羽二重の下着とともに三枚襲(かさね)とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えどづま【江戸褄】

和服の模様の置き方の一。褄から裾にかけて模様を配したもの。また,その着物。現在は留袖とめそでに多く用いられるので,留袖と混同される。 〔江戸時代,大奥の女中から始まったという。京の島原模様に対していわれた語〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸褄
えどづま

着物の模様付けの一つ。また江戸褄模様の長着の略。今日では既婚女性の正装である黒地染抜き五つ紋付の留袖が、江戸褄模様に染められているので、同義語として用いられる。
 桃山時代から江戸初期には、長着は総模様であったが、正徳(しょうとく)年間(1711~1716)ごろになると裾(すそ)模様の名が現れる。このころ発達した友禅染が絵羽模様の腰高模様を生み出したのである。その後、幕府の緊縮政策によるたび重なる奢侈(しゃし)禁令と江戸っ子の粋(いき)好みから、模様はだんだん低くなり、宝暦(ほうれき)年間(1751~1764)には八寸(裾から約30センチメートル)、五寸(約19センチメートル)、三寸(約11センチメートル)の裾模様となった。その後明和(めいわ)・安永(あんえい)期(1764~1781)になると、袖(そで)口、裾回しのみ模様を置いた裏模様と並んで、ふたたび表に模様が現れ、褄(つま)の部分に三角に模様を置く褄模様ができ、これを江戸褄といった。やや遅れて京都島原の遊廓(ゆうかく)あたりから流行したといわれる、衿(えり)まで模様のかかるものは、島原模様といった。
 江戸褄模様は、文化・文政(1804~1830)から天保(てんぽう)(1830~1844)にかけて全盛となり、定紋付黒縮緬(ちりめん)が既婚女性の慶事の礼装として定着し、現在に至っている。
 明治になると、江戸褄模様と裾模様の区別がなくなり、混用されるようになった。大正中期には大江戸褄といって、衿下70~75センチメートル、後ろ裾に模様がかかり、その模様の高さも30センチメートルほどのものが若い女性に好まれ、流行した。江戸褄模様は第二次世界大戦中を除き、戦後の1955年(昭和30)ごろからふたたび正式礼装として復活した。年齢により模様の位置に高低があるが、大江戸褄がほとんどで、模様の中心は上前の衽(おくみ)から前身頃(みごろ)に高く置かれるようになった。模様は松竹梅、四君子(しくんし)、鶴亀(つるかめ)、鳳凰(ほうおう)、蓬莱山(ほうらいさん)などの吉祥(きちじょう)模様がおもで、伝統的で格調の高い豪華なものである。なお振袖や訪問着と異なり、上部身頃と袖には模様がない。白衿黒紋付に対して色物の江戸褄は色留袖ともいい、未婚女性の正装である。これを既婚者が着ると略装とされたが、現在では身内以外の者の結婚式や披露宴などに着られる。
 生地は一越縮緬(ひとこしちりめん)の四丈物を用い、裾回しは表地を裏に引き返して用いる無垢(むく)仕立てで、口綿入れにする。裾回しには表と関連のある模様を簡略にしたものをつける。
 本来は下着には白羽二重(はぶたえ)の無垢を重ねるが、最近は比翼(ひよく)仕立てにすることが多い。夏は平絽(ひらろ)か絽縮緬の単(ひとえ)で、下着には白の平絽を用いる。[岡野和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸褄の関連キーワード裏模様絵羽模様大裁ち着付ける力布内紐裏襟腰模様付けじらエレメンタリーバックストローク

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone