コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複背斜 ふくはいしゃanticlinorium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複背斜
ふくはいしゃ
anticlinorium

複合背斜の意味。一連の褶曲で,小さな背斜,向斜を繰返し,全体として大きな背斜構造をつくっているもの。大規模な褶曲山脈にはしばしばみられる地質構造。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

複背斜

褶曲が集まって全体としてさらに大きい波長の褶曲を作り,褶曲波面が背斜を作る場合に複背斜という[木村ほか : 1973].大規模の複合的な背斜で,小さな褶曲が重複したもの.軸面は構造の上に扇のように広がる.一般にこの褶曲は既存の地向斜地域で起こり,この語を用いたデーナはこれらの構造は地背斜(geoanticline)で起こるものに限定した[Dana : 1873].地向斜の外側の地殻の大きな地域に影響する変形である[Peach & Horne : 1899, Aubouin : 1965].pseudosynclinalエンドクライン(endocline),扇状構造(fan structure)などは同義[Lapworth : 1889].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

複背斜の関連キーワードシャーツキー間ノ岳偽向斜北岳

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android