コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複背斜 ふくはいしゃ anticlinorium

2件 の用語解説(複背斜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複背斜
ふくはいしゃ
anticlinorium

複合背斜の意味。一連の褶曲で,小さな背斜,向斜を繰返し,全体として大きな背斜構造をつくっているもの。大規模な褶曲山脈にはしばしばみられる地質構造

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

複背斜

褶曲が集まって全体としてさらに大きい波長の褶曲を作り,褶曲波面が背斜を作る場合に複背斜という[木村ほか : 1973].大規模の複合的な背斜で,小さな褶曲が重複したもの.軸面は構造の上に扇のように広がる.一般にこの褶曲は既存の地向斜地域で起こり,この語を用いたデーナはこれらの構造は地背斜(geoanticline)で起こるものに限定した[Dana : 1873].地向斜の外側の地殻の大きな地域に影響する変形である[Peach & Horne : 1899, Aubouin : 1965].pseudosynclinalエンドクライン(endocline),扇状構造fan structure)などは同義[Lapworth : 1889].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

複背斜の関連キーワードさざ波複果複向斜部落合議集合物集くドブロイ波長巨大卵クラインの仮説

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone