コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褥/蓐 ジョク

3件 の用語解説(褥/蓐の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょく【×褥/×蓐】

柔らかい敷物。しとね。

にく【×褥】

毛の敷物。しとね。
「―と思ひし苔にも」〈梁塵秘抄・二〉
《皮が敷物に適するところから》カモシカの別名。〈文明本節用集〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にく【褥】

〔「にく」は呉音〕
毛の敷物。しとね。 「御-しきて、そのうへにゑんざ二まいしきて/御湯殿上 大永七
〔その皮が敷物に適することから〕 カモシカの異名。〔節用集 文明本

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の褥/蓐の言及

【茵】より

…茵は昼の御座として畳の上に座布団として敷くほか,倚子(いし)や床子(しようじ)の上にも敷いて使った。寝るときに敷くものも〈しとね〉といい褥の字をあてているが,同じく〈しとね〉と呼ぶ理由は,古くは寝具も座具もきちんとした区別がなかったためと考えられる。【小泉 和子】。…

【寝具】より

…奈良時代から平安時代にかけての畳は長さ7,8尺ぐらい,幅3,4尺ぐらいで,薦4,5枚を重ねた上に藺や菅の蓆をかぶせ,縁をつけたものであった。そしてこの上にさらに褥(しとね)を敷いた。褥は上蓆(うわむしろ)ともよばれるが,絹織物または藺蓆を表に,真綿や菅を芯にして四周に縁をつけたものである。…

※「褥/蓐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

褥/蓐の関連キーワード繧繝錦思ひ顔ひし引敷物八重畳現そみ思ひ歩く終の事東京錦の茵菱綴

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone