コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釈名 しゃくみょうShi-ming

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釈名
しゃくみょう
Shi-ming

中国の字書後漢末の劉煕 (りゅうき) の著。同音の言葉によって語源を説明したもの。その内容によって天,釈地,釈山に始り,釈疾病,釈喪制に終る 27編に分類する体裁は『爾雅 (じが) 』と同じであるが,音声の近い語は意味にも関連があるとする「声訓」の立場から解説を加えている点に特色がある。こじつけにすぎない説もあるのはやむをえないが,語源の解説として重要な資料であり,上古漢語音韻や語彙,また今日では実体のわからない器物,調度について貴重な記載が少くない。清の王先謙の『釈名疏証』がすぐれた研究書とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃく‐みょう〔‐ミヤウ〕【釈名】

仏教の経論を解釈するとき、題目意義を説き明かすこと。

しゃくみょう【釈名】[書名]

中国の辞書。8巻。後漢末の劉熙(りゅうき)著。事物の名を27種に分類し、語源を説明したもの。1巻本、4巻本がある。逸雅。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゃくみょう【釈名 Shì míng】

中国,後漢末ごろに作られた字書。北海(山東省濰坊市付近)の劉熙(りゆうき)の著。27編。いま普通のテキストはこれを8巻に分ける。《爾雅》形式の訓詁の書で,その構成も〈釈天〉〈釈地〉以下,解説を伴った分類語彙集の形を取る。特色はその解説にあり,たとえば〈月(げつ)は闕(けつ)なり,満つればすなわち闕(か)くるなり〉(〈釈天〉),〈河(か)は下(か)なり,地の下る処に随いて而して通流するなり〉(〈釈水〉)のごとく,同音もしくは類似音をもつ他の文字の意味によって,問題の語の解釈にしようとする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゃくみょう【釈名】

経論を解釈するとき、まずその題目の意義を明らかにすること。

しゃくみょう【釈名】

中国の語学書。八巻。後漢の劉熙りゆうき撰。天・地など二七類に分けて物名・字義を訓釈。逸雅。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の釈名の言及

【音義説】より

…これは同音ないしは近似音等を借りて語義を説くものである。漢代に多用され,劉熙《釈名(しやくみよう)》はその専著である。たとえば,〈天,顕也。…

【百科事典】より


[類書の起源]
 類書の起源を何に求めるかについては議論のあるところであるが,筆者の考えによればまず第1は字書である。最古の字書で十三経の一つに数えられる《爾雅(じが)》においてすでに,類関係によって文字を区分する方法がとられており,親・宮・器・楽・天・地など19類に分けられるのであるが,後漢の劉熙(りゆうき)が著した《釈名》になると釈天・釈地に始まる27類がみごとに体系化されてくる。そして,こうした分類とその体系は後の類書に大きな影響を与えた。…

※「釈名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

釈名の関連キーワード弥生(陰暦3月の異称)帝釈峡遺跡群村(村落)東(方角)北(方角)本草綱目中華そば細井広沢太田見竜ユウガオけだもの日本釈名法華玄義ナズナ訓釈仏教仙人辞典字義畢沅

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android