コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釈名 しゃくみょう Shi-ming

6件 の用語解説(釈名の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釈名
しゃくみょう
Shi-ming

中国の字書。後漢末の劉煕 (りゅうき) の著。同音の言葉によって語源を説明したもの。その内容によって釈天,釈地,釈山に始り,釈疾病,釈喪制に終る 27編に分類する体裁は『爾雅 (じが) 』と同じであるが,音声の近い語は意味にも関連があるとする「声訓」の立場から解説を加えている点に特色がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゃく‐みょう〔‐ミヤウ〕【釈名】

仏教の経論を解釈するとき、題目の意義を説き明かすこと。

しゃくみょう【釈名】[書名]

中国の辞書。8巻。後漢末の劉熙(りゅうき)著。事物の名を27種に分類し、語源を説明したもの。1巻本、4巻本がある。逸雅。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゃくみょう【釈名 Shì míng】

中国,後漢末ごろに作られた字書。北海(山東省濰坊市付近)の劉熙(りゆうき)の著。27編。いま普通のテキストはこれを8巻に分ける。《爾雅》形式の訓詁の書で,その構成も〈釈天〉〈釈地〉以下,解説を伴った分類語彙集の形を取る。特色はその解説にあり,たとえば〈月(げつ)は闕(けつ)なり,満つればすなわち闕(か)くるなり〉(〈釈天〉),〈河(か)は下(か)なり,地の下る処に随いて而して通流するなり〉(〈釈水〉)のごとく,同音もしくは類似音をもつ他の文字の意味によって,問題の語の解釈にしようとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゃくみょう【釈名】

経論を解釈するとき、まずその題目の意義を明らかにすること。

しゃくみょう【釈名】

中国の語学書。八巻。後漢の劉熙りゆうき撰。天・地など二七類に分けて物名・字義を訓釈。逸雅。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の釈名の言及

【音義説】より

…これは同音ないしは近似音等を借りて語義を説くものである。漢代に多用され,劉熙《釈名(しやくみよう)》はその専著である。たとえば,〈天,顕也。…

【百科事典】より


[類書の起源]
 類書の起源を何に求めるかについては議論のあるところであるが,筆者の考えによればまず第1は字書である。最古の字書で十三経の一つに数えられる《爾雅(じが)》においてすでに,類関係によって文字を区分する方法がとられており,親・宮・器・楽・天・地など19類に分けられるのであるが,後漢の劉熙(りゆうき)が著した《釈名》になると釈天・釈地に始まる27類がみごとに体系化されてくる。そして,こうした分類とその体系は後の類書に大きな影響を与えた。…

※「釈名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

釈名の関連キーワード烏丸楷書干禄字書後漢古詩宣徳火鉢懇ろごろにごろにゃんごろごろ にゃーん《ゴーゴリの“外套”はどのように作られたか》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釈名の関連情報