コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襟巻蜥蜴 エリマキトカゲ

デジタル大辞泉の解説

えりまき‐とかげ【襟巻蜥蜴】

有鱗(ゆうりん)目アガマ科のトカゲ全長約90センチ。首に大きなひだ飾りがあり、自衛繁殖期ディスプレーのときに広げる。樹上性で、地上では驚くと後肢だけで走る。オーストラリア北部・ニューギニア南部に分布

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えりまきとかげ【襟巻蜥蜴】

有鱗目の爬虫類。全長80センチメートル 内外。頸部に大きな襟飾りをもち、興奮すると傘のように広げる。また、追われるとからだを立て、後肢だけで走る。普通は樹上にすみ、昆虫・クモなどを食べる。オーストラリア北部とパプアニューギニア南部の半乾燥地帯に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

襟巻蜥蜴の関連キーワード半乾燥地帯襟飾り爬虫類昆虫内外頸部クモ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android