コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金蛇/蛇舅母 カナヘビ

デジタル大辞泉の解説

かな‐へび【金蛇/蛇母】

有鱗(ゆうりん)目カナヘビ科のトカゲ草地などにみられ、体長約20センチで、尾がその3分の2を占める。体は暗灰褐色で、黒の帯状斑紋があり、腹は白または淡黄色。日本特産。かなちょろ。日本かなへび。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

金蛇 (カナヘビ)

動物。カナヘビ科に属するトカゲの総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

金蛇/蛇舅母の関連キーワード宮城県岩沼市三色吉ボタン(牡丹)岩沼(市)動物

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android