コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守宮 シュキュウ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐きゅう【守宮】

ヤモリ別名

や‐もり【守宮/家守】

有鱗(ゆうりん)目ヤモリ科の爬虫(はちゅう)類。人家や周辺の林にすむ。体長約12センチ。尾はその半分を占め、自切・再生する。体色は灰褐色で暗色の斑紋がある。目のまぶたは動かない。四肢の指先は太く、下面のひだに無数の微細な毛状突起があって吸盤の働きをし、壁や天井に吸いつく。夜活動し、昆虫などを捕食。福島県以南に分布。同科には約670種が含まれ、温帯から熱帯にかけて広く分布。 夏》「河岸船の簾(すだれ)にいでし―かな/蛇笏
[補説]書名別項。→やもり

やもり[書名]

広津和郎短編小説。大正8年(1919)発表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

守宮 (ヤモリ)

動物。ヤモリ科に属するトカゲの総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

守宮の関連キーワード苅萱桑門筑紫いえづと苅萱桑門筑紫〓王子信仰黒焼き動物異名後戸宿神

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android