コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西かん子曇 せいかんしどんXi-jian Zi-tan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西かん子曇
せいかんしどん
Xi-jian Zi-tan

[生]淳祐9(1249).台州,仙居
[没]徳治1(1306).鎌倉
中国,元の臨済宗の僧。日本に2度来朝。正安1 (1299) 年 51歳で2度目に来朝したとき,北条貞時請いに応じて円覚寺の住職となり,のち建長寺に移って,そこで没した。諡号大通禅師。法流は西かん流または大通門徒と呼ばれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

西かん子曇の関連キーワード一山一寧徳治

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android