コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西かん子曇 せいかんしどん Xi-jian Zi-tan

1件 の用語解説(西かん子曇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西かん子曇
せいかんしどん
Xi-jian Zi-tan

[生]淳祐9(1249).台州,仙居
[没]徳治1(1306).鎌倉
中国,元の臨済宗の僧。日本に2度来朝。正安1 (1299) 年 51歳で2度目に来朝したとき,北条貞時の請いに応じて円覚寺の住職となり,のち建長寺に移って,そこで没した。諡号は大通禅師。法流は西かん流または大通門徒と呼ばれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西かん子曇の関連キーワード階乗NエヌN末端残基西澗子曇Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Politeia tōn Romaiōn淳祐天文図《台州疑問二十七条》

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone