コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西トマス にし トマス

2件 の用語解説(西トマスの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西トマス にし-トマス

トマス=デ=サン=ハシント

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

西トマス

没年:寛永11.9.22(1634.11.12)
生年:天正18(1590)
ドミニコ会司祭。殉教者。長崎16聖人(1981年列福)のひとり。肥前平戸領生月(長崎県)出身。名は六左衛門キリシタン西玄可の子。有馬のセミナリヨ(神学校)に学ぶ。慶長19(1614)年の大追放(キリシタン禁教令)によりマカオに赴き,翌年ベトナムの布教に従事し,フェフォの日本人町で働く。元和2(1616)年,いったん日本に戻り,同6年ごろドミニコ会入会を希望してマニラに渡り,寛永3(1626)年司祭叙階。修道名トマス・デ・サン・ハシント。その後,台湾,琉球を経て同6年長崎に潜入。同11年長崎で逮捕。同年長崎西坂刑場で水責め,穴吊りによって殉教。両親も25年前,殉教している。<参考文献>「殉教者一族・生月の西家」(『キリシタン研究』21輯)

(宮崎賢太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西トマスの関連キーワード聖者聖人伝ドミニコフロレスドミニクスギャドペカドルエルナンド=デ=サン=ホセ=アヤラ塩塚ルイストマス=デ=サン=ハシントリバデネイラ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone