コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西トマス にし トマス

朝日日本歴史人物事典の解説

西トマス

没年:寛永11.9.22(1634.11.12)
生年:天正18(1590)
ドミニコ会司祭。殉教者。長崎16聖人(1981年列福)のひとり。肥前平戸領生月(長崎県)出身。名は六左衛門。キリシタン西玄可の子。有馬のセミナリヨ(神学校)に学ぶ。慶長19(1614)年の大追放(キリシタン禁教令)によりマカオに赴き,翌年ベトナムの布教に従事し,フェフォの日本人町で働く。元和2(1616)年,いったん日本に戻り,同6年ごろドミニコ会入会を希望してマニラに渡り,寛永3(1626)年司祭叙階。修道名トマス・デ・サン・ハシント。その後,台湾,琉球を経て同6年長崎に潜入。同11年長崎で逮捕。同年長崎西坂刑場で水責め,穴吊りによって殉教。両親も25年前,殉教している。<参考文献>「殉教者一族・生月の西家」(『キリシタン研究』21輯)

(宮崎賢太郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android