コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西園寺公基 さいおんじ きんもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西園寺公基 さいおんじ-きんもと

1220-1275* 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
承久(じょうきゅう)2年生まれ。西園寺実氏(さねうじ)の長男。母は藤原親雅(ちかまさ)の娘。嘉禎(かてい)2年参議となり,仁治(にんじ)2年権(ごんの)大納言,建長6年内大臣,正嘉(しょうか)元年右大臣にのぼった。正二位。京極前右大臣,万里小路(までのこうじ)右府とよばれた。文永11年12月14日死去。55歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

西園寺公基

没年:文永11.12.14(1275.1.12)
生年:承久2(1220)
鎌倉時代初中期の公家。父は太政大臣西園寺実氏。母は参議藤原親雅の娘。公相の庶兄。嘉禎2(1236)年2月参議になったのち,権中納言,権大納言,内大臣を経て,正嘉1(1257)年11月右大臣となったが,翌年10月辞任した。京極右府,万里小路右府と号す。

(森茂暁)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

西園寺公基の関連キーワード土御門顕定

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android