コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郝経 かくけいHao Jing

2件 の用語解説(郝経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郝経
かくけい
Hao Jing

[生]嘉定16 (1223)
[没]徳祐1 (1275)
中国,初の政治家,学者,文学者。沢州陵川(山西省晋城県)の人。字,伯常。家が貧しかったので,昼は働き夜読書に励んだ。フビライ・ハン(世祖)に召されて認められ,フビライが即位する際に功があり,翰林侍読学士となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かくけい【郝経 Hǎo Jīng】

1223‐75
中国,元初の儒臣。字は伯常。沢州陵川(山西省)の人。儒者の家に生まれたが,金末の騒乱にあって労苦ののち,張柔,賈輔の客分となった。皇太子時代のフビライに召されて信任をえ,ともに対南宋戦に参加した。この征戦の最中,憲宗が死没するが,この時,カラコルムに留まり国政にあたっていたアリクブカの帝位簒奪を阻止するため,郝経は南宋との講和を献策し,フビライの即位に貢献した。そしてフビライ即位の直後,外交交渉のため南宋に派遣されたが,賈似道によって長江(揚子江)北岸の真州に16年間抑留された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の郝経の言及

【ガン(雁)】より

…この雁が上林苑で射落とされ,蘇武の消息が知れたという。同様の故事は,元の世祖の外交官の郝経(かくけい)が宋に抑留されたとき雁に帛書(はくしよ)を結んで北に飛ばせたということが《元史》に見える。旅人が雁の姿を見て望郷の思いをつのらせたのも,これらの話による。…

※「郝経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

郝経の関連キーワードフィリップ大友能直フィリップ南海トラフ東南海・三河地震1944年東南海地震運慶王応麟海道記廻船式目

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone