コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村清雄 にしむら すがお

1件 の用語解説(西村清雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村清雄 にしむら-すがお

1871-1964 明治-昭和時代の教育者。
明治4年2月13日生まれ。24年アメリカン-ボード宣教師ジャドソンに協力して郷里の愛媛県松山市に普通夜学会(松山城南高の前身)をひらき,翌年校長。勤労青少年の教育と伝道につくした。36年作詞した「山路こえて」は讃美歌に採用された。昭和39年12月25日死去。93歳。同志社英学校中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の西村清雄の言及

【宇和[町]】より

…農業が町の基幹産業で,米作と裏作のレンゲ栽培,乳牛飼育,養豚などが行われる。宇和海を展望する法華津峠には西村清雄牧師が1903年にこの峠で作った賛美歌404番の記念碑が建てられている。四国八十八ヵ所43番札所の明石寺や高野長英の隠れ家があり,歯長寺の《紙本墨書歯長寺縁起》は重要文化財。…

※「西村清雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西村清雄の関連キーワード岡野豊四郎木内キヤウ佐藤タ子仲新中島太郎藤原喜代蔵牧野虎次三木安正溝淵進馬森岡常蔵

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone