コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道中記 ドウチュウキ

デジタル大辞泉の解説

どうちゅう‐き〔ダウチユウ‐〕【道中記】

旅行中の日記・記録。紀行。
江戸時代に作られた旅行案内の書物。街道筋の宿場・名所・旧跡・里程などを記したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どうちゅうき【道中記】

旅行中の見聞を記した日記。旅行記。紀行。
旅行の案内書。街道の宿駅・里数・名所などを記したもの。道中付け。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道中記
どうちゅうき

旅行中の行動・見聞を記した紀行文や、旅行の案内記などをさす。奈良時代では、中国各地の聖跡を巡礼した僧侶(そうりょ)、円仁(えんにん)による『入唐求法巡礼行記(にっとうぐほうじゅんれいぎょうき)』などがあげられる。本書は838年(承和5)から約10年ほどに及ぶ在唐時のもので、唐の政治、社会、風俗などを記録した紀行文である。これは漢文体で書かれているが、平安時代には、女手といわれた仮名文によって書かれた『土佐日記』(935ころ成立)等の旅行記が現れた。本書は紀貫之(きのつらゆき)の作で、彼が土佐国に国司(こくし)として赴任し、任期を終えたのちの帰路、55日間のようすを記している。
 近世には、交通の発達に伴って前代と異なり、著名な松尾芭蕉(ばしょう)の『おくのほそ道』(1702刊)をはじめとして多くの紀行文がみられるようになった。橘南谿(たちばななんけい)の『東西遊記』(1795~1798)は、著者が各地を回って採集した奇聞を集めたもので、京を中心として東西に分け、『東遊記』『西遊記』と二書として出版され、広く読まれた。菅江真澄(すがえますみ)の『真澄遊覧記』(1783~1812)は各地を歴訪し、その見聞したことを記したものである。本書は珍聞をつづったのではなく、民俗学的な採訪の方法で記述されており、後世、高く評価されている。
 また紀行文のほか、人々の旅への関心に対応して、各地の宿場・名所旧跡などを紹介した名所案内書が数多く出版された。それには中川喜雲(きうん)の『京童(きょうわらべ)』(1658)、黒川道祐(どうゆう)の『雍州府志(ようしゅうふし)』(1686)などをはじめ、各地の「名所図会(ずえ)」があげられる。[芳井敬郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道中記の関連情報