コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道中記 ドウチュウキ

3件 の用語解説(道中記の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どうちゅう‐き〔ダウチユウ‐〕【道中記】

旅行中の日記・記録。紀行。
江戸時代に作られた旅行案内の書物。街道筋の宿場・名所・旧跡・里程などを記したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どうちゅうき【道中記】

旅行中の見聞を記した日記。旅行記。紀行。
旅行の案内書。街道の宿駅・里数・名所などを記したもの。道中付け。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道中記
どうちゅうき

旅行中の行動・見聞を記した紀行文や、旅行の案内記などをさす。奈良時代では、中国各地の聖跡を巡礼した僧侶(そうりょ)、円仁(えんにん)による『入唐求法巡礼行記(にっとうぐほうじゅんれいぎょうき)』などがあげられる。本書は838年(承和5)から約10年ほどに及ぶ在唐時のもので、唐の政治、社会、風俗などを記録した紀行文である。これは漢文体で書かれているが、平安時代には、女手といわれた仮名文によって書かれた『土佐日記』(935ころ成立)等の旅行記が現れた。本書は紀貫之(きのつらゆき)の作で、彼が土佐国に国司(こくし)として赴任し、任期を終えたのちの帰路、55日間のようすを記している。
 近世には、交通の発達に伴って前代と異なり、著名な松尾芭蕉(ばしょう)の『おくのほそ道』(1702刊)をはじめとして多くの紀行文がみられるようになった。橘南谿(たちばななんけい)の『東西遊記』(1795~98)は、著者が各地を回って採集した奇聞を集めたもので、京を中心として東西に分け、『東遊記』『西遊記』と二書として出版され、広く読まれた。菅江真澄(すがえますみ)の『真澄遊覧記』(1783~1812)は各地を歴訪し、その見聞したことを記したものである。本書は珍聞をつづったのではなく、民俗学的な採訪の方法で記述されており、後世、高く評価されている。
 また紀行文のほか、人々の旅への関心に対応して、各地の宿場・名所旧跡などを紹介した名所案内書が数多く出版された。それには中川喜雲(きうん)の『京童(きょうわらべ)』(1658)、黒川道祐(どうゆう)の『雍州府志(ようしゅうふし)』(1686)などをはじめ、各地の「名所図会(ずえ)」があげられる。[芳井敬郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道中記の関連キーワード鹿島紀行紀行古記録七番日記旅先旅日記道の記道行き触り旅行者海外旅行生命保険

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道中記の関連情報