西澗子曇(読み)せいかん しどん

  • 西澗子曇 せいかん-しどん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1249-1306 南宋(なんそう)(中国)の僧。
淳祐9年生まれ。臨済(りんざい)。文永8年来日。正安(しょうあん)元年一山一寧(いっさん-いちねい)にしたがい再来日。北条貞時に信任され鎌倉の円覚寺・建長寺住持となる。書画をよくした。嘉元(かげん)4年10月28日死去。58歳。浙江省出身。俗姓(こう)。諡号(しごう)は大通禅師。道号は西礀ともかき,法名は「すどん」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android