西澗子曇(読み)せいかん しどん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西澗子曇 せいかん-しどん

1249-1306 南宋(なんそう)(中国)の僧。
淳祐9年生まれ。臨済(りんざい)宗。文永8年来日。正安(しょうあん)元年一山一寧(いっさん-いちねい)にしたがい再来日。北条貞時に信任され鎌倉の円覚寺・建長寺住持となる。書画をよくした。嘉元(かげん)4年10月28日死去。58歳。浙江省出身。俗姓は黄(こう)。諡号(しごう)は大通禅師道号は西礀ともかき,法名は「すどん」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android