コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西玄哲 にし げんてつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西玄哲 にし-げんてつ

1681-1760 江戸時代中期の蘭方医。
天和(てんな)元年生まれ。西玄甫(げんぽ)の子。外科医として幕府につかえ,延享4年寄合医から奥医師となる。門人杉田玄白(げんぱく)らがいる。楢林(ならばやし)鎮山が訳した「紅夷外科宗伝」を改編して「金瘡跌撲(きんそうてつぼく)療治之書」をあらわした。宝暦10年2月8日死去。80歳。江戸出身。名は規矩

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西玄哲の関連キーワード蘭方医天和

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android