コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西玄甫 にしげんぽ

4件 の用語解説(西玄甫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西玄甫
にしげんぽ

[生]?
[没]貞享1(1684)
江戸時代初期の医師。西流外科の祖。旧名は吉兵衛。医学およびポルトガル語沢野忠庵 (→フェレイラ ) に学ぶ。承応2 (1653) 年父の1世吉兵衛の跡を継いで通詞となり,延宝1 (73) 年幕府の宗門改め参勤通詞ならびに医官となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西玄甫 にし-げんぽ

?-1684 江戸時代前期の蘭方医,オランダ通詞(つうじ)。
父の初代吉兵衛の跡をつぎ大通詞となる。沢野忠庵(フェレイラ)らに西洋医学をまなび,外科医として幕府につかえ,医官と参勤通詞目付をかねた。貞享(じょうきょう)元年9月17日死去。肥前長崎出身。通称は別に吉兵衛。著作に「阿蘭陀(オランダ)外科」「乾坤(けんこん)弁説」「諸国土産書」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

西玄甫

没年:貞享1.9.17(1684.10.25)
生年:生年不詳
江戸前期の南蛮・阿蘭陀通詞,蘭方医。初代西吉兵衛の子。西家2代目。長崎の生まれ。初名は新吉,承応2(1653)年吉兵衛と改名。父の跡職を継ぎ大通詞となり,寛文9(1669)年退職。南蛮外科を転びバテレンのフェレイラ(沢野忠庵)に学び,次いで紅毛外科を出島のオランダ商館医に修学,同8年医学証明書を取得。ここに南蛮・紅毛両流の西流外科が確立。延宝1(1673)年出府を命ぜられ,幕府の宗門改めの参勤通詞目付と外科医官を兼ね,江戸西久保に屋敷を拝領,玄甫と改名。向井元升と共に忠庵の天文書を翻訳・註釈した『乾坤弁説』を呈上。唐通事穎川藤左衛門と共著『諸国土産書』がある。

(吉田厚子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にしげんぽ【西玄甫】

?‐1684(貞享1)
江戸前期の西洋医学に通じた医師,大通詞で,西流外科の一派をなす。南蛮通詞の西吉兵衛の子。母は肥前国佐賀の西次郎右衛門の娘。初名新吉,通称吉兵衛。南蛮語をよくし,1653年(承応2)父の後をうけて大通詞となるが,69年(寛文9)病に託してその職を辞する。ポルトガルC.フェレイラ(日本名,沢野忠庵)に学び,ことに西洋外科に通じ,杉本忠恵とも交わった。彼の外科は西流外科と称された。73年(延宝1)江戸に出,幕府医官となり,参勤通詞目付を兼ね,法眼に叙せられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西玄甫の関連キーワード橋本宗吉吉雄耕牛和蘭・阿蘭陀・和蘭陀荒井庄十郎中山作三郎《阿蘭陀永続暦和解》《阿蘭陀海鏡書》阿蘭陀甲必丹《阿蘭陀禽獣虫魚図和解》《翻訳阿蘭陀本草》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone