西郷小兵衛(読み)さいごう こへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西郷小兵衛 さいごう-こへえ

1847-1877 幕末-明治時代の武士,軍人。
弘化(こうか)4年10月11日生まれ。西郷吉兵衛の4男。西郷隆盛の弟。薩摩(さつま)鹿児島藩士。戊辰(ぼしん)戦争では奥羽地方を転戦。明治2年京都の春日潜庵に入門し,6年アメリカに留学。帰国後,西南戦争で西郷軍の一番大隊一番小隊長として出陣し,明治10年2月27日熊本県高瀬で戦死した。31歳。名は隆武。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

西郷小兵衛

没年:明治10.2.27(1877)
生年:弘化4.10.11(1847.11.18)
幕末維新期の軍人。名は隆武,はじめ彦吉と称した。鹿児島城下下加治屋町生まれ。西郷隆盛の3弟。16歳のとき御代官所に勤務したが兄隆盛の罪により勤方差控となった。戊辰戦争には兄弟4人揃って出陣して功を立てた。翌年,京都の陽明学者春日潜庵に入門,明治5(1872)年上京して洋学と漢学を学んだ。征韓論後帰郷し加世田郷の副区長となった。西南戦争では薩軍の一番大隊一番小隊長として出軍。高瀬の戦で敵弾を受けて戦死した。<参考文献>『西郷隆盛全集』6巻

(原口泉)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android