コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見知らす ミシラス

デジタル大辞泉の解説

み‐しら・す【見知らす】

[動サ四]
ひどい目にあわせる。思い知らせる。
「腹の立つきほひ口に、叔母をも知らいで―・した」〈浄・女腹切
「する」「なす」の俗な言い方。やらかす。やっつける。
「小半酒(こなからざけ)を冷にて―・し」〈浮・色三味線・二〉
[動サ下二]
見てわかるようにさせる。
「十有八変と筆太に―・せたるは、転宅(たながへ)の数をいへるか」〈滑・浮世床・初〉
1に同じ。
「手杖にてしたたか―・せ帰られける」〈洒・当世花街談義〉
2に同じ。
「お易いこと、めでたう一筆―・せう」〈浄・氷の朔日

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みしらす【見知らす】

( 動四 )
実際にわからせる。特に、痛い目にあわせる。思い知らせる。 「伯母をも知らいで-・した/浄瑠璃・長町女腹切
「する」「なす」の卑しめた言い方。やらかす。 「ま一寝入り-・そと/浄瑠璃・先代萩」
( 動下二 )
見せてわからせる。 「筆太に-・せたるは転宅の数をいへるか/滑稽本・浮世床
に同じ。 「頭から爪先まで鑓鉋やりがんなを-・せてなし物桶にしてくれん/浄瑠璃・用明天皇」
に同じ。 「お易い事、めでたう一筆-・せり/浄瑠璃・氷の朔日

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

見知らすの関連キーワード浄瑠璃

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android