規範意識(読み)キハンイシキ

デジタル大辞泉の解説

《〈ドイツNormalbewusstsein
ウィンデルバント用語。相対的な現実の価値判断を超えて、あらゆる評価に対し普遍的・絶対的な価値を規範として妥当させ、かつ担う意識。
ある対象について価値判断を下す際、その前提になっている価値を価値として認める意識。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (Normalbewußtsein の訳語)
① ウィンデルバントの用いた概念。人により状況によって異なる経験的・相対的な評価を超え、絶対的・普遍的な価値を、規範として妥当させる意識。〔いろは引現代語大辞典(1931)〕
② ある対象について価値判断を下す際、その規準または尺度として前提とされる価値を、価値として妥当させる意識。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

規範意識の関連情報