コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視床症候群 ししょうしょうこうぐんthalamic syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

視床症候群
ししょうしょうこうぐん
thalamic syndrome

視丘症候群ともいう。小脳で終結するもの以外の,すべての感覚神経の経路にあたる視床の障害による広範な症候群をいう。原因は普通,出血,血栓,腫瘍,炎症などである。症状は障害部位と反対側の感覚,ことに深部感覚の麻痺,半身運動失調と立体感覚障害,顔面から四肢にかけて発作性をもち増強する頑固な疼痛,障害部位と同側のアテトーゼ様症状,半盲,けいれん笑いなどである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

視床症候群の関連キーワード内包症候群

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android