コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視床症候群 ししょうしょうこうぐん thalamic syndrome

1件 の用語解説(視床症候群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

視床症候群
ししょうしょうこうぐん
thalamic syndrome

視丘症候群ともいう。小脳で終結するもの以外の,すべての感覚神経の経路にあたる視床の障害による広範な症候群をいう。原因は普通,出血,血栓,腫瘍,炎症などである。症状は障害部位と反対側の感覚,ことに深部感覚の麻痺,半身運動失調と立体感覚障害,顔面から四肢にかけて発作性をもち増強する頑固な疼痛,障害部位と同側のアテトーゼ様症状,半盲,けいれん笑いなどである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

視床症候群の関連キーワードイメルスルンド-グレスベック症候群吸収不良症候クーリー貧血健忘症候群ちじれ毛病パターソン-ケリー症候群ファンコーニ症候群副腎生殖器症候群プラダー-ビリ症候群プレイダー-ビリ症候群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone