コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚眼 かくげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚眼 かくげん

1643-1725 江戸時代前期-中期の僧。
寛永20年生まれ。薩摩(さつま)(鹿児島県)の真言宗大乗院で出家。大和(奈良県)長谷寺などで顕教,密教をまなび,江戸円福寺にはいる。宝永2年(1705)京都智積院11世となった。ついで江戸護持院にうつり,新義僧録職に就任。享保(きょうほう)10年11月8日死去。83歳。薩摩出身。字(あざな)は空覚。号は抱拙。著作に「大日経住心品疏冠註」「十巻章撮義鈔」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

覚眼の関連キーワード視能訓練士運敞

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android