コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親泊興照 おやどまり こうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

親泊興照 おやどまり-こうしょう

1897-1986 大正-昭和時代の舞台俳優,舞踊家。
明治30年5月1日生まれ。13歳で中座に入団。新垣松含伊良波尹吉(いらは-いんきち)・玉城盛重(たまぐすく-せいじゅう)らに師事。昭和7年真境名由康(まじきな-ゆうこう)らと珊瑚座(さんござ)を結成した。沖縄芝居の歌劇「中城(なかぐすく)情話」や,琉球舞踊「加那ヨー天川」などを創作。47年国指定無形文化財「組踊」技能保持者。昭和61年12月17日死去。89歳。沖縄県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

親泊興照の関連キーワード儀保 松男比嘉 正義沖縄芸能吉田妙子昭和時代舞踊家

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android