親知らず(読み)おやしらず

世界大百科事典 第2版の解説

おやしらず【親知らず】

上下顎の第3大臼歯third molars(智歯wisdom teethともいう)の俗称。上下の歯列の最後部で第2大臼歯の奥に位置し,上下左右計4本ある。最も遅く形成されて生えてくる歯で20~30歳ころまでに現れるが,しばしばきわめて遅くなってから生えてくることがある。しかし,なかにはまったくこれを欠如している人,あるいは埋もれたまま生えてこない人も少なくない。歯胚(歯のもとになるもの)がまったくない人が日本人では約半数といわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おやしらず【親知らず】

本当の親を知らないこと。また、そういう子。
第三大臼歯のこと。ヒトの歯のうちで最も遅く生える。知歯ちし。ちえ歯。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の親知らずの言及

【臼歯】より

…大臼歯の代生歯はすでに退化してしまっている。智歯あるいは親知らずとも呼ばれる第3大臼歯も退化の経過をたどっている。臼歯の機能は,食物をかみ砕き,すりつぶすことにある。…

【歯】より

…小臼歯と大臼歯を合わせて俗に奥歯という。大臼歯のうち最前部の第1大臼歯は6歳ごろはえるので6歳臼歯,次の第2大臼歯は12歳ごろはえるので12歳臼歯,そして最後部の第3大臼歯は20歳ごろ,すなわち成人になってはえることが多いので,智歯または親知らずとも呼ばれる。
[歯の形と構造]
 歯の外形は歯種によって違いがあるものの,全体では共通した構造をもっている。…

※「親知らず」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親知らずの関連情報