コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親荷星/親担星 オヤニナイボシ

デジタル大辞泉の解説

おやにない‐ぼし〔おやになひ‐〕【親荷星/親担星】

二十八宿の一、心宿の和名。→心(しん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の親荷星/親担星の言及

【星】より

…ポリネシア民族にも類似の伝説がある。 親荷星(おやにないぼし)オリオン座の三つ星の中央のεを孝行むすこ,左右のδ,ζをむすこのになう両親とみなした和名。江戸時代安永期(1772‐81)の《物類称呼》にも関西の方言とあり,今日でも兵庫,三重,静岡,長野などの地方で呼ばれ,ときに〈親かつぎ星〉〈親孝行星〉ともいわれる。…

※「親荷星/親担星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

親荷星/親担星の関連キーワードしん

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android