コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親鸞上人絵伝 しんらんしょうにんえでん

1件 の用語解説(親鸞上人絵伝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんらんしょうにんえでん【親鸞上人絵伝】

浄土真宗の開祖,親鸞の伝記を描いた絵巻。鎌倉時代の高僧伝として《法然上人絵伝》などと同様,開祖への信仰の広がり,諸門派の分立などにより各種の伝記絵巻が制作された。没後約30年を経た1295年(永仁3),親鸞の曾孫で本願寺3世の覚如が詞をつくり,信濃国塩崎康楽寺の画僧浄賀(1275?‐1356)に描かせた《善信上人絵》2巻本がその最初であるが,原本は現存せず,14世紀ころの西本願寺本がその系統をついでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

親鸞上人絵伝の関連キーワード覚如上人一遍上人絵伝浄土真宗縁起絵巻御取越御開山祖師歎異抄小説親鸞玉日

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone