コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄賀 じょうが

2件 の用語解説(浄賀の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

浄賀【じょうが】

信濃(しなの)塩崎の康楽(こうらく)寺の僧。1295年覚如(かくにょ)が編した《親鸞上人絵伝》の絵を描いた。以後,覚如に従い真宗専属の絵仏師として活躍。康楽寺と号し,その画系は康楽寺流呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浄賀 じょうが

1275-1356 鎌倉-南北朝時代の画僧。
建治(けんじ)元年生まれ。信濃(しなの)(長野県)の浄土真宗康楽寺の住持。宅磨派の絵師にまなぶ。本願寺の覚如(かくによ)の命で「親鸞伝絵(しんらんでんね)」をかいた。浄賀の系統を康楽寺流とよぶ。延文元=正平(しょうへい)11年10月13日死去。82歳。号は密乗坊,康楽寺。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の浄賀の言及

【親鸞上人絵伝】より

…鎌倉時代の高僧伝として《法然上人絵伝》などと同様,開祖への信仰の広がり,諸門派の分立などにより各種の伝記絵巻が制作された。没後約30年を経た1295年(永仁3),親鸞の曾孫で本願寺3世の覚如が詞をつくり,信濃国塩崎康楽寺の画僧浄賀(1275?‐1356)に描かせた《善信上人絵》2巻本がその最初であるが,原本は現存せず,14世紀ころの西本願寺本がその系統をついでいる。東本願寺本《本願寺聖人伝絵》4巻は,浄賀の子宗舜,孫の円寂によって1343年(興国4∥康永2)に描かれたことから康永本とも呼ばれる。…

※「浄賀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浄賀の関連キーワード大覚寺統延文文和巨勢有康実円周豪象先文岑高階隆盛卍庵士顔祐乗坊義存

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone