観世華雪(読み)かんぜかせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

観世華雪
かんぜかせつ

[生]1884.11.14. 東京
[没]1959.1.6. 東京
能楽師,観世流シテ方。5世観世銕之丞紅雪の長男。幼名織雄。 1901年父の隠居後,6世銕之丞を襲名。父の三十三回忌に,弟の茂に家督を譲り華雪と改名。 21年,義兄の梅若万三郎六郎 (実) の梅若流樹立に加わり観世流を脱退したが,まもなく復帰。 25世宗家観世元正 (のちに左近) が成人するまで,家元後見をつとめて流儀を統一した。温厚,着実の芸風で,三番目,四番目物を得意とした。『求塚』を流儀に復活。日本芸術院会員

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

観世華雪【かんぜかせつ】

能楽師。観世流シテ方。5世観世銕之丞(紅雪)の長男(銕之丞家は観世宗家の分家)。1910年6世観世銕之丞を継承。一時義兄の梅若万三郎梅若六郎(2世実)の梅若流樹立に参加。温雅で繊細な芸風の名人。甥の観世寿夫〔1925-1978〕,栄夫〔1927-2007〕,静夫(8世銕之丞〔1931-2000〕1995年人間国宝),25世観世左近元正),観世元昭らを育成。1952年芸術院会員。7世銕之丞(雅雪)〔1898-1988〕は華雪の弟。2011年紫綬褒章受章(9世)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世華雪 かんぜ-かせつ

1884-1959 明治-昭和時代の能楽師シテ方。
明治17年11月14日生まれ。5代観世銕之丞(てつのじょう)の長男。初代梅若実らに師事。明治43年6代銕之丞を襲名。大正10年初代梅若万三郎らとともに梅若流をたてたが,昭和4年観世流に復帰。宗家24代左近の没後,宗家25代元正の後見役をつとめた。22年隠居し華雪を名のる。典雅かつ強靭な芸風で知られる。芸術院会員。昭和34年1月6日死去。74歳。東京出身。本名は清実(きよちか)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんぜかせつ【観世華雪】

1884‐1959(明治17‐昭和34)
楽師,観世流のシテ方。東京生れ。観世宗家の分家である観世銕之丞(てつのじよう)家の6世。5世銕之丞紅雪(1843‐1911)の長男。幼名織雄。1910年父の隠居後6世銕之丞清実(きよちか)となり,47年父の37回忌に弟で順養子の茂(織雄。現,雅雪)に家名を譲り,華雪と改名した。父紅雪および岳父初代梅若実,義兄初代梅若万三郎,2世梅若実に師事。21年,義兄2人とともに梅若流を樹立したが,29年決別して観世流に復帰。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんぜかせつ【観世華雪】

1884~1959) 能楽師。シテ方観世流。東京生まれ。本名・初名、織雄。六世銕之丞てつのじようを継ぐ。華雪は晩年の号。梅若万三郎らと梅若流の樹立に参加したが、のち観世に戻り宗家後見役をつとめた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android