コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世華雪 かんぜかせつ

7件 の用語解説(観世華雪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

観世華雪
かんぜかせつ

[生]1884.11.14. 東京
[没]1959.1.6. 東京
能楽師,観世流シテ方。5世観世銕之丞紅雪の長男。幼名織雄。 1901年父の隠居後,6世銕之丞を襲名。父の三十三回忌に,弟の茂に家督を譲り華雪と改名。 21年,義兄の梅若万三郎,六郎 (実) の梅若流樹立に加わり観世流を脱退したが,まもなく復帰。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんぜ‐かせつ〔クワンゼクワセツ〕【観世華雪】

[1884~1959]能楽師。シテ方観世流。東京の生まれ。本名、織雄(おりお)。分家の5世銕之丞(てつのじょう)(号、紅雪)の子で、6世を襲名。のち華雪と改名。義兄梅若万三郎らと梅若流を創立したが、のちに復帰。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

観世華雪【かんぜかせつ】

能楽師。観世流シテ方。5世観世銕之丞(紅雪)の長男(銕之丞家は観世宗家の分家)。1910年6世観世銕之丞を継承。一時義兄の梅若万三郎梅若六郎(2世実)の梅若流樹立に参加。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世華雪 かんぜ-かせつ

1884-1959 明治-昭和時代の能楽師シテ方。
明治17年11月14日生まれ。5代観世銕之丞(てつのじょう)の長男。初代梅若実らに師事。明治43年6代銕之丞を襲名。大正10年初代梅若万三郎らとともに梅若流をたてたが,昭和4年観世流に復帰。宗家24代左近の没後,宗家25代元正の後見役をつとめた。22年隠居し華雪を名のる。典雅かつ強靭な芸風で知られる。芸術院会員。昭和34年1月6日死去。74歳。東京出身。本名は清実(きよちか)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かんぜかせつ【観世華雪】

1884‐1959(明治17‐昭和34)
能楽師,観世流のシテ方。東京生れ。観世宗家の分家である観世銕之丞(てつのじよう)家の6世。5世銕之丞紅雪(1843‐1911)の長男。幼名織雄。1910年父の隠居後6世銕之丞清実(きよちか)となり,47年父の37回忌に弟で順養子の茂(織雄。現,雅雪)に家名を譲り,華雪と改名した。父紅雪および岳父初代梅若実,義兄初代梅若万三郎,2世梅若実に師事。21年,義兄2人とともに梅若流を樹立したが,29年決別して観世流に復帰。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんぜかせつ【観世華雪】

1884~1959) 能楽師。シテ方観世流。東京生まれ。本名・初名、織雄。六世銕之丞てつのじようを継ぐ。華雪は晩年の号。梅若万三郎らと梅若流の樹立に参加したが、のち観世に戻り宗家後見役をつとめた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

観世華雪
かんぜかせつ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観世華雪の関連キーワード小林静雄粟谷益二郎梅若実(2代)大槻十三北村一郎茂山忠三郎(3代)杉市太郎広瀬政次三宅襄吉見嘉樹

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

観世華雪の関連情報