コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角田九華(読み)つのだ きゅうか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

角田九華 つのだ-きゅうか

1784-1856* 江戸時代後期の儒者。
天明4年生まれ。角田東水の養子。豊後(ぶんご)(大分県)岡藩士。脇蘭室や大坂の中井竹山にまなぶ。藩にもどり藩校由学館の侍講をへて教授となる。安政2年12月28日死去。72歳。本姓は仲島。名は簡。字(あざな)は大可,廉夫。通称は才次郎。著作に「近世叢語」「近世人鏡録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

角田九華

没年:安政2.12.28(1856.2.4)
生年:天明4(1784)
江戸中・後期の儒学者。名は簡,字大可また廉夫,通称才次郎,九華山人と号す。豊後(大分県)岡藩の大坂邸に藩士の子として生まれる。程なく孤児となり,藩医角田家へ入籍。幼より学問に才あり,10代で藩の『豊後国志』編纂を命じられ完成。以後大坂と豊後竹田往復のうちに,藩の学芸において田能村竹田と共に主導的役割を果たした。脇愚山や大坂懐徳堂に入門,徂徠学を止揚して再び力を回復した朱子学の洗礼を受ける。中年にして林家に入り書籍を博捜,世説新語に擬した近世人物逸話集『近世叢語』『続近世叢語』を作り,名を後世不朽のものとした。ほかに『近世人鏡録』が木活字版で出されたが,ほとんどの著述は写本で残され,散逸するものが多い。道学者然とした人物ではなく詩文を好み,頼山陽らとの雅交も知られる。

(宮崎修多)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android