角田房子(読み)つのだ ふさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

角田房子 つのだ-ふさこ

1914-2010 昭和後期-平成時代のノンフィクション作家。
大正3年12月5日生まれ。海外にながく滞在する。昭和36年ルポルタージュ「東独ヒルダ」で文芸春秋読者賞。軍人の伝記をとおして現代史をえがきつづけ,60年「責任―ラバウルの将軍今村均」で新田次郎文学賞,63年「閔妃(ミンビ)暗殺」で新潮学芸賞。平成22年1月1日死去。95歳。東京出身。ソルボンヌ大中退。本名はフサ。旧姓は中村。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android