コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角田秀松 つのだ ひでまつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

角田秀松 つのだ-ひでまつ

1850-1905 明治時代の軍人。
嘉永(かえい)3年2月12日生まれ。もと陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。海軍にはいり,日清(にっしん)戦争などに出征。明治33年海軍中将となる。日露戦争で竹敷要港部司令官として従軍中,対馬(つしま)で明治38年12月13日病没。56歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

角田秀松

没年:明治38.12.13(1905)
生年:嘉永2.3.12(1849.4.4)
明治期の海軍軍人。会津藩(福島県)侍医角田良智の次男。戊辰戦争に従軍後,船乗りを志し商船に乗り組む。明治7(1874)年台湾出兵に民間輸送船乗組員として参加,認められて同年10月長崎海軍出張所雇となった。12月海軍少尉に任じられ,8年江華島事件では陸戦隊を率いて砲台占領の武勲を立てた。日清戦争時(1894~95)には軍令部第1局長であり,講和による台湾割譲に伴い,台湾総督府軍務局海軍部長,同海軍参謀長などを歴任した。のち艦政本部長,常備艦隊長官などを経て,36年対馬の竹敷要港部司令官となったが,38年病を得て任地に没した。海軍の論客といわれた。<参考文献>松野良寅『海は白髪なれど』

(岸本昌也)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

角田秀松の関連キーワード田中久重(2代)明治時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android