コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角礫 かくれきrubble

翻訳|rubble

岩石学辞典の解説

角礫

未固結の破片の集合で,砂よりも大きく角張った形をしているもの[Woodford : 1925].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角礫
かくれき
rubbleangular gravel

既存の岩石が破砕されてできた角張った岩片の総称。一般に径2ミリメートル以上のものをいうが、火山噴火に伴って生じたものでは径32ミリメートル以上のものをいう。断層運動による破砕、火山噴火、氷河による侵食、サンゴ礁や海岸の崖(がけ)の波食、洞窟(どうくつ)の崩壊、崖崩れなど、いろいろなでき方がある。岩片が円磨されていないことは、水流による運搬作用を受けていないことを示す。[斎藤靖二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

角礫の関連キーワードエンドストラティック角礫岩パラセディメンタリー角礫岩メロリティック構造異石質火山性角礫岩クラストジェナス火山砕屑性角礫岩流動化火成角礫岩流動角礫岩化作用動力砕屑角礫岩メタミクサイトひび割れ角礫岩熔結クリンカー流動角礫状熔岩ブレッシオラ鉱滓質角礫岩割れ目角礫岩圧砕性礫質岩博物館角礫岩レキ(礫)岩深成角礫岩