コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角礫 かくれき rubble

翻訳|rubble

2件 の用語解説(角礫の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

角礫

未固結の破片の集合で,砂よりも大きく角張った形をしているもの[Woodford : 1925].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角礫
かくれき
rubbleangular gravel

既存の岩石が破砕されてできた角張った岩片の総称。一般に径2ミリメートル以上のものをいうが、火山噴火に伴って生じたものでは径32ミリメートル以上のものをいう。断層運動による破砕、火山噴火、氷河による侵食、サンゴ礁や海岸の崖(がけ)の波食、洞窟(どうくつ)の崩壊、崖崩れなど、いろいろなでき方がある。岩片が円磨されていないことは、水流による運搬作用を受けていないことを示す。[斎藤靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角礫の関連キーワード集合族補集合凹角可算集合ラクサイト貝砂バイオスパルダイトブラリ‐フォルティのパラドックス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

角礫の関連情報