角袖巡査(読み)かくそでじゅんさ

精選版 日本国語大辞典「角袖巡査」の解説

かくそで‐じゅんさ【角袖巡査】

〘名〙 明治時代、職業上の便宜のために、制服を着ないで和服を着た巡査。多くは刑事巡査角袖
※風俗画報‐二三二号(1901)記事「花下の春興〈略〉何れの停車場も角袖巡査警戒取締に出張しゐたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「角袖巡査」の解説

かくそで‐じゅんさ【角袖巡査】

明治時代、職務の必要上、制服でなく和服を着ていた私服の巡査。多くは刑事巡査。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android