解党(読み)カイトウ

デジタル大辞泉 「解党」の意味・読み・例文・類語

かい‐とう〔‐タウ〕【解党】

[名](スル)政党党派などを解散すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「解党」の意味・読み・例文・類語

かい‐とう ‥タウ【解党】

〘名〙 政党、党派などが解散すること。また、それらを解散すること。
東京日日新聞‐明治三六年(1903)六月二五日「若かず今日於て全党を解き徐ろに時勢の進移を観玉はんにはと、大真面目に解党の策を献じたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android