解脱門(読み)げだつもん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。解脱に入る門として、迷いから解放させる方法となる禅定で、空・無相・無願(無作とも)の三種をいう。
※正法眼蔵(1231‐53)諸法実相「雪峰いはく、尽大地是解脱門、曳人不肯入」 〔倶舎論‐四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android