無相(読み)むそう(英語表記)animitta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無相
むそう
animitta

仏教用語。形相のないこと,姿,形を離れていることを意味し,差別的現象世界を離れた仏教の究極的状態を表現する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

むそう【無相】

〘仏〙
事物や現象が存在しないということ。非存在性。
すべての事物・現象は本来空くうで、固定した姿をもたないこと。 ⇔ 有相うそう
すべての執着を離れた境地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android