無相(読み)むそう(英語表記)animitta

  • むそう ‥サウ
  • むそう〔サウ〕
  • 無相 むそう

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。
① すがた・形がないこと。一定の形態や様相を欠いていること。有相(うそう)に対していうが、多くは有相・無相の差別を超えた空のすがたをいう。また、涅槃の境界にもいう。⇔有相
※法華義疏(7C前)一「従此以来、雖復平説無相同修、或明中道而褒貶。猶明三因別果之相育物機
② (形動) とらわれを離れ、一切の事柄から超然としていること。また、そのさま。
※瑩山仮名法語(1325頃)「寂静安楽無為無相なるを坐禅とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無相の関連情報