コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解離性同一性障害 かいりせいどういつせいしょうがいdissociative identity disorder

知恵蔵の解説

解離性同一性障害

多重人格障害と呼ばれていたが、DSM‐IVで解離性同一性障害という診断名が採用された。1980年代から米国を中心に研究が進み、報告例が急増した。近年の報告では、多数の人格の症例が見られる。人格の交代は突然起こり、言葉つきや態度まで変わる。幼い人格、敵対する人格など様々で、主人格は他の人格の記憶を持たないことが多い。そのため、日常生活に記憶が欠落した時間を体験することになる。背景の1つに、幼児期の虐待が指摘されている。

(田中信市 東京国際大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいりせいどういつせい‐しょうがい〔‐シヤウガイ〕【解離性同一性障害】

解離性同一症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

解離性同一性障害の関連キーワードヒステリー解離性障害多重人格二重人格神経症DID

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android