触境(読み)そっきょう

精選版 日本国語大辞典「触境」の解説

そっ‐きょう ソクキャウ【触境】

〘名〙 (spraṣṭavya の意訳。「そく」は「触」の呉音) 仏語。五境、六境の一つ。触れることによって身体により感覚されるもので、堅さ、湿りけ、(あたたかさ)、動き、滑(なめらかさ)、渋(ざらっぽさ)、重さ、軽さ、冷たさ、饑(ひもじさ)、渇きの一一種。身根の対象。触(そく)
※十善法語(1775)七「触境と身根と、一異の相なく、凡聖の相なく、迷悟の相なく、言説の相なく、心念の相なし」

そく‐きょう ‥キャウ【触境】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android