触境(読み)そっきょう

精選版 日本国語大辞典「触境」の解説

そっ‐きょう ソクキャウ【触境】

〙 (spraṣṭavya の意訳。「そく」は「」の呉音) 仏語。五境六境の一つ。触れることによって身体により感覚されるもので、堅さ、湿りけ、(あたたかさ)、動き、(なめらかさ)、(ざらっぽさ)、重さ、軽さ、冷たさ、(ひもじさ)、渇きの一一種。身根の対象。触(そく)
※十善法語(1775)七「触境と身根と、一異の相なく、凡聖の相なく、迷悟の相なく、言説の相なく、心念の相なし」

そく‐きょう ‥キャウ【触境】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android