計器飛行(読み)けいきひこう

精選版 日本国語大辞典「計器飛行」の解説

けいき‐ひこう ‥ヒカウ【計器飛行】

〘名〙 航空機が、地形、地物など視覚的な目標物に頼らずに計器判読だけで飛行すること。
※高層の死角(1969)〈森村誠一〉南へ伸びる青い線「この両空域を計器飛行する時は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「計器飛行」の解説

けいき‐ひこう〔‐ヒカウ〕【計器飛行】

航空機が飛行姿勢・地点・航路などを、視覚的な目標に頼らず、機上の計器の指示により判断して飛行を続けている状態。⇔有視界飛行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android