コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森村誠一 モリムラセイイチ

3件 の用語解説(森村誠一の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もりむら‐せいいち【森村誠一】

[1933~ ]推理作家。埼玉の生まれ。ホテル勤務ののち、ホテルを舞台とした「高層の死角」で江戸川乱歩賞を受賞、作家デビューをはたす。「腐蝕(ふしょく)の構造」「人間の証明」のほか、七三一部隊をあつかったノンフィクション「悪魔の飽食」などがある。平成16年(2004)功績により日本ミステリー文学大賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森村誠一 もりむら-せいいち

1933- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和8年1月2日生まれ。10年余りホテルに勤務。昭和44年ホテルを舞台にした「高層の死角」で江戸川乱歩賞。ついで「腐蝕の構造」(48年日本推理作家協会賞)や「人間の証明」(51年角川小説賞)などの話題作を発表。七三一部隊をあつかった「悪魔の飽食」などのノンフィクションも手がける。平成16年日本ミステリー文学大賞。23年「悪道」で吉川英治文学賞。埼玉県出身。青山学院大卒。作品はほかに「棟居刑事の殺人交差路」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森村誠一
もりむらせいいち
(1933― )

推理作家。埼玉県出身。青山学院大学英米文学科卒業。1969年(昭和44)大ホテル内での密室殺人を扱った『高層の死角』で江戸川乱歩賞を受賞して推理文壇にデビュー。72年には『腐蝕(ふしょく)の構造』で日本推理作家協会賞を受賞、新本格派の代表的な作家と目される。ほかに『人間の証明』(1975)に始まる三部作や、関東軍細菌戦部隊の恐怖を描くノン・フィクション・ドキュメント『悪魔の飽食』(1982)などがある。また歴史大作『忠臣蔵(ちゅうしんぐら)』(1986)なども発表し、時代小説の分野でも健筆を揮(ふる)っている。[厚木 淳]
『『高層の死角』(角川文庫・講談社文庫) ▽『森村誠一自選傑作短篇集』(1976・読売新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森村誠一の関連キーワード半村良赤江瀑阿部牧郎泡坂妻夫重兼芳子新橋遊吉三田誠広石和鷹稲見一良広瀬仁紀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森村誠一の関連情報