コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計量国語学 けいりょうこくごがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

計量国語学
けいりょうこくごがく

国語学の研究手段として数学的方法を用いる分野。統計学的手法による分野と,数学的モデルによって日本語の形式的側面を扱う分野とがある。ある時代の語彙を調査し,分類したり,特徴を記述したりすること,ある作家の全作品からその文体的特徴を研究することなどは,前者の課題の例であり,情報理論を応用した言語行動の研究などは後者の課題の例である。語彙統計学の方法も含められる。最近はコンピュータも利用されている。 1957年に計量国語学会が設立され,機関誌『計量国語学』が刊行された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android