訛音(読み)かおん

精選版 日本国語大辞典「訛音」の解説

か‐おん クヮ‥【訛音】

〘名〙 ことばの正しい音がくずれたもの。なまった発音。かいん。けおん
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一「我は工人のみ、方言音(〈注〉ナマリ)を以て談話するの外、一事をも知ることなし」 〔文心彫龍‐声律〕

か‐いん クヮ‥【訛音・訛韻ヰン

※風俗画報‐一六六号(1898)言語門「『信濃北安曇郡方言取調』等には寡少なれども、訛音(クヮヰン)等を蒐集せしは甚だ賀すべきなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「訛音」の解説

か‐おん〔クワ‐〕【×訛音】

なまりのある発音。なまった音声。なまり。「かえる()」を「かいる」、「すくない(少ない)」を「すけない」という類。かいん。

か‐いん〔クワ‐〕【×訛音】

かおん(訛音)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android