コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

設備信託 せつびしんたくequipment trust

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

設備信託
せつびしんたく
equipment trust

設備のメーカー,その販売商社 (委託者兼受益者) が信託銀行 (受託者) に設備を信託し,受託者はその設備をユーザーに賃貸および売却することによって受益者に元本 (売却代金) と収益金を交付するものである。対象となる設備は鉄道車両,船舶,航空機,自動車などの動産や,ビルディング,百貨店,ホテルなどの不動産で,前者は動産信託または動産設備信託 (具体的には車両信託,船舶信託,コンピュータ信託など) ,後者は不動産信託 (同様に建物信託,ホテル信託など) と呼ばれ,これらを総称して設備信託という。もともとアメリカで発明された制度であるが,日本では 1956年の地下鉄の車両信託が最初で,以後急速に発展した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

設備信託の関連キーワード三井信託銀行安田信託銀行

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android