コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

設備信託 せつびしんたくequipment trust

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

設備信託
せつびしんたく
equipment trust

設備のメーカー,その販売商社 (委託者兼受益者) が信託銀行 (受託者) に設備を信託し,受託者はその設備をユーザーに賃貸および売却することによって受益者に元本 (売却代金) と収益金を交付するものである。対象となる設備は鉄道車両,船舶,航空機,自動車などの動産や,ビルディング,百貨店,ホテルなどの不動産で,前者は動産信託または動産設備信託 (具体的には車両信託,船舶信託,コンピュータ信託など) ,後者は不動産信託 (同様に建物信託,ホテル信託など) と呼ばれ,これらを総称して設備信託という。もともとアメリカで発明された制度であるが,日本では 1956年の地下鉄の車両信託が最初で,以後急速に発展した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

設備信託の関連キーワード安田信託銀行三井信託銀行

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android