不動産信託(読み)ふどうさんしんたく

百科事典マイペディアの解説

不動産信託【ふどうさんしんたく】

土地・建物など不動産を信託財産として受け入れる信託信託業法上〈土地およびその定着物の信託〉と呼ばれ,広義には地上権,土地賃借権の信託も含める。土地・建物以外は実例に乏しく,管理目的の場合が多く,信託会社は委託者に代わって地代・家賃の取立て,建物の維持・補修などをする。
→関連項目信託不動産証券化

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふどうさんしんたく【不動産信託】

信託業法に定める土地およびその定着物の管理・処分を目的とする信託。不動産管理および受益権譲渡による金融機能を目的とするものがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不動産信託
ふどうさんしんたく

信託引受けにあたり信託財産として土地、建物など不動産を受け入れる信託。正確には信託業法で規定された「土地およびその定著物の信託」をさす。目的により管理信託、運用信託、処分信託がありうるが、現実には地代・家賃の取立て、維持・修繕などを行う管理信託がほとんどで、処分信託は代理事務のほうが簡単なため実例に乏しい。大蔵省は、信託業者が小作争議に巻き込まれることを恐れて農地の受託を禁じたため、対象は市街地の不動産にほぼ限定され、実務上の障害(登録税の過重)もあってあまり発展しなかった。[麻島昭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不動産信託の関連情報