評価益・評価損(読み)ひょうかえきひょうかそん(英語表記)valuation profit,valuation loss

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうかえきひょうかそん【評価益・評価損 valuation profit,valuation loss】

企業が保有中の資産を販売や消費することなく,評価替し,帳簿価額(または取得価額)と異なる価額を保有資産に付する場合に生ずる帳簿価額(簿価)との差額をいう。保有資産に新しく付された価額が簿価を超えた場合が評価益であり,不足した場合が評価損である。評価益・評価損は,資産の保有中に,流行の変化,技術進歩,価格変動など企業内外に生じた偶然的原因により発生する。現行の取得原価主義会計(原価主義)のもとでは,評価益は会社更生や準更生などの特殊な場合にのみ計上が認められるにすぎないが,評価損は保守主義(安全性)の考え方により広く計上が認められる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android