コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詩八病 シハチヘイ

デジタル大辞泉の解説

し‐はちへい【詩八病】

漢詩を作るときに、避けなければならない八つの事柄。同じ平仄(ひょうそく)を重複する平頭(へいとう)・上尾・蜂腰(ほうよう)・鶴膝(かくしつ)、同韻字を重複しすぎる大韻・小韻、語頭子音を重複する旁紐(ぼうちゅう)・正紐のこと。中国、南北朝時代梁(りょう)沈約(しんやく)が唱えたといわれ、日本の歌論にも転用された。詩病八病。→歌の病

し‐はっぺい【詩八病】

しはちへい(詩八病)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しはちへい【詩八病】

中国、南北朝時代の梁りようの学者、沈約しんやくが詩作上おかしやすいものとして挙げた八つの欠点。平頭ひようとう・上尾・蜂腰ほうよう・鶴膝かくしつ・大韻・小韻・旁紐ぼうちゆう・正紐のこと。八病。詩病。しはちびょう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

詩八病の関連キーワード沈約

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android