詩八病(読み)シハチヘイ

デジタル大辞泉の解説

し‐はちへい【詩八病】

漢詩を作るときに、避けなければならない八つの事柄。同じ平仄(ひょうそく)を重複する平頭(へいとう)・上尾・蜂腰(ほうよう)・鶴膝(かくしつ)、同韻字を重複しすぎる大韻・小韻、語頭子音を重複する旁紐(ぼうちゅう)・正紐のこと。中国、南北朝時代梁(りょう)沈約(しんやく)が唱えたといわれ、日本の歌論にも転用された。詩病八病。→歌の病

し‐はっぺい【詩八病】

しはちへい(詩八病)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しはちへい【詩八病】

中国、南北朝時代の梁りようの学者、沈約しんやくが詩作上おかしやすいものとして挙げた八つの欠点。平頭ひようとう・上尾・蜂腰ほうよう・鶴膝かくしつ・大韻・小韻・旁紐ぼうちゆう・正紐のこと。八病。詩病。しはちびょう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android