コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平頭 へいとう

大辞林 第三版の解説

へいとう【平頭】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
頭をならべること。高さが等しいこと。また、そのさま。
端数のないきりのよい数。ちょうど。 「蘭軒は-三十であつた/伊沢蘭軒 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

平頭 (ヒラガシラ)

学名:Rhizoprionodon acutus
動物。メジロザメ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

平頭の関連キーワードソールズベリー大聖堂五重塔(仏塔)サーンチー大塔ジンガサウニ頭蓋底陥入症大坂軍記物KD2,3鎌倉三代記ストゥーパラン大聖堂四声八病説平田森三伊沢蘭軒詩八病平出鯨銛仏塔電球相輪弾丸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android