コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誅する チュウスル

デジタル大辞泉の解説

ちゅう・する【×誅する】

[動サ変][文]ちゅう・す[サ変]悪人や罪のある者を殺す。成敗する。
「無道の役人を―・し」〈鴎外大塩平八郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうする【誅する】

( 動サ変 ) [文] サ変 ちゆう・す
罪のある者を殺す。死刑に処する。 「逆賊を-・する」
攻めほろぼす。 「遍ねく諸夷を-・すること有らず/陸奥話記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

誅するの関連キーワード陸奥話記方臘の乱王敦国舅

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android