コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認知工学 にんちこうがくcognitive engineering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

認知工学
にんちこうがく
cognitive engineering

人間の認知を支援する目的で,認知科学の成果を利用する工学技術。1980年アメリカ合衆国のカリフォルニア大学サンディエゴ校のドナルド・A.ノーマンが提唱した。コンピュータにある特定の分野の知識などをデータベースとして記憶させておき,ユーザーが必要なとき,情報を加工して使いやすい形態で提供するシステムの設計,あるいは人間とのインターフェースをも考えた大規模システムの構築方法,コンピュータと人間との協調的な共同作業システムなどを取り扱う。コンピュータの発展とともに,その計算能力が向上し,従来人間が行なっていた思考・判断などの知的処理を支援するためのシステムを構築することが部分的には可能になった分野もある。エキスパートシステムデシジョン・サポート・システム,コンピュータ支援共同作業 CSCWなどが研究の対象となる。また,エキスパートシステムなどのような人工知能の応用を目指した分野を,特に知識工学という。この呼称はエドワード・A.ファイゲンバウムが最初に使用した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にんちこうがく【認知工学 cognitive engineering】

現代の人間の生活は,実にさまざまな道具,すなわち人工物artifactに囲まれている。その中にはハサミのような物理的な道具も,カレンダーのような情報の表示を目的とする道具,さらにはクレジットカード制度のような社会システムも含まれるが,いずれも使われることを目的として作られたモノであるだけに,人にとって〈使える〉ものでなければならないし,使いやすいものであるべきである。それでは人にとっての〈使いやすさ〉とはなんだろうか。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の認知工学の言及

【ヒューマンインターフェース】より

…きっかけは,リックライダーJ.C.R.Lickliderの提案による,コンピューターの使い勝手(ユーザビリティusability)向上のための研究であった。ここでは,第1の波とは違って,人とコンピューターとの交流の〈わかりやすさ〉が追求されることになり,認知工学の一分野として研究されてきた。
[人とコンピューターの交流]
 コンピューターは,まぎれもなく人が作った機械の一つにすぎない。…

※「認知工学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報