コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認識色 ニンシキショク

デジタル大辞泉の解説

にんしき‐しょく【認識色】

動物の標識色の一。相互に目につきやすく、連絡に役立つような色彩斑紋シカの尾の白色部分、雄コマドリの胸の赤い斑紋など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にんしきしょく【認識色】

同種の動物間で互いに目につきやすく、社会的行動の誘発に役立つと考えられる色彩や斑紋。繁殖期に現れる婚姻色は認識色といえる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

認識色
にんしきしょく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の認識色の言及

【体色】より

…前者はいわゆる保護色の範疇(はんちゆう)に入るもので,その動物の存在を目だたなくすることによって,生存価を高めると考えられるような色である。後者は逆に,わざわざその存在を目だたせることによって生存価を高めるもので,同種異性の発見,認知に役だつ認識色recognition coloration,捕食者を驚かす威嚇色threatening coloration,自分が有毒ないし不味であることを示して捕食されることを避ける警告色(警戒色)warning coloration,警告色をもった他動物に似た姿,体色をもつことによって捕食者を欺く擬態とに分けられる。しかし,ほとんどすべての場合,動物の体色は多面的な機能をもっており,例えばチョウの羽の色,模様は認識色であると同時に隠蔽的機能をもつ。…

※「認識色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

認識色の関連キーワード繁殖期婚姻色同種誘発

認識色の関連情報