コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

説経与七郎 せっきょう よしちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

説経与七郎 せっきょう-よしちろう

?-? 江戸時代前期の説経浄瑠璃(じょうるり)太夫。
寛永(1624-44)のころ,大坂生玉(いくたま)神社境内で説経操(あやつ)り人形芝居を上演した。寛永16年ごろ刊行の「さんせう太夫」には天下一説経与七郎とみえる。伊勢(いせ)(三重県)の人ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せっきょうよしちろう【説経与七郎】

説経語り。1639年(寛永16)の正本《山荘太夫》のはじめに,摂州東成郡生玉庄大坂,天下一説経与七郎とあるのは当人で,寛永年間(1624‐44)生玉境内で操り説経を上演したようである。《諸国遊里好色揃》(1692)の説に従うと,与七郎は伊勢出身の簓(ささら)説経の徒であったが,後に操り説経に転じて大坂で興行するようになったということである。【岩崎 武夫

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

説経与七郎の関連キーワード説経浄瑠璃説経与八郎説経節

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android